住宅ローンは消費税増税で損する?審査は年収より返済負担比率が大事

住宅ローンを借りると、返済終了まで毎月支払いをしなければなりませんが、一般的に返済期間は20年から35年になることが多いです。
借りる場合、毎月無理なく返済していくには(返済負担比率)年収の20パーセント以内が理想で、出来ることなら25パーセントを上限に抑えたいものです。
20パーセント以内が理想であるのは、消費税や社会保険料がアップしていくと予想だれるためで、同時に返済負担を少しでも軽くするため、頭金を少しでも多く増やしておきたいです。
住宅ローンの審査においては、年収よりも返済負担比率の方が注目されます。
返済負担比率には、借りようとしている時点において抱えているローン全ても含まれますが、クレジットカードを所持している場合は注意したいです。
実際にお金を借りていなくてもクレジットカードを所持しているだけで未来の負債とみなされるからです。
年収要件については、最低でも200万円から300万円が必要とされます。
http://www.housingloantax.com/